チェックの書き方

チェックの書き方を説明します。

チェックはアメリカの支払い手段の一つで、アメリカには大まかに3つの支払い方法があります。


1.カードでの支払い

2.チェックでの支払い(小切手)

3.現金


最近は携帯をスキャンする支払い方法もでてきましたね。


チェックはいちいち書かなければいけないから面倒、という事実がありますが、

2022年現在も一般的に用いられています。


1.スーパーでの支払い

2.小売店での支払い (洋服店、雑貨店、電化製品店など)

3.光熱費、インターネット使用料、電話料金の支払い

4.家のローンの支払い

5.習い事での支払い


など、基本的に全ての支払いにチェックを用いることができます。


上は、300ドルの支払いチェックの書き方です。


① 支払先

② 日付

③ 額面

④ 額面を英語で書く

⑤ メモを記す場合は書くスペースがあります。

⑥ 署名・本人のサイン

300ドルのチェックを書く説明をさせていただきました。


🍎🍏🍎🍏🍎🍏🍎🍏🍎🍏🍎🍏🍎🍏🍎🍏🍎🍏🍎🍏🍎🍏🍎


次は、150ドル28セントを、スーパーで支払うという設定で、チェックを書く練習をしてみましょう。


① 支払先=スーパーの名前

② 日付

③ 額面

④ 額面を英語で書く

⑤ メモを記す場合は書くスペースがあります。(この場合は買った物をメモしておいてもいいかもしれません。)

⑥ 署名・本人のサイン




皆様の生活で使ってみて下さい。


Thank you!




19 views0 comments